糸掛け曼荼羅*数楽クラス
糸掛け曼荼羅*数楽クラス

糸かけ曼荼羅*数楽クラス

糸掛け曼荼羅*数楽クラス
糸掛け曼荼羅*数楽クラス

数字を数えながら糸をかける「糸かけ曼荼羅」は、素数や足し算かけ算に親しむ手法として、ドイツのシュタイナー教育ではおなじみの、数字とアートを融合させた学びです。

心理学者のユングは心の安定のために曼荼羅を治療に用いました。糸かけ曼荼羅で糸をかけていると、気持ちが和らぎ、自分自身と向き合うきっかけを作ってくれます。

あなたが選ぶ糸は何色でしょうか?
作り上げた作品は、きっとあなたの「いま」を写し出してくれることでしょう。

「気持ちが和らぐ」
「自分と向き合う」

楽しく糸をかけながら、そんな時間を過ごしてみませんか?

オリジナルのデザインも数多く輩出している小林睦子のワークショップクラスは、「心落ち着く」「癒される」「とにかく楽しい」と好評のクラスです。


ワークショップは随時開催中。(Facebookイベントページ)


主な出店

2018年
【糸かけ曼荼羅展】
〜イロトリドリな宇宙へのいざない〜

2019年
【糸かけで見る 数楽アートの世界】
~千葉市科学館 秋の企画展~

【糸かけ曼荼羅展】
〜イロトリドリな四季のうつろい〜